タレント・芸能人

柳川朔の大学はどこで桐朋高校出身?結婚やプロフィールについても!

スタンダップコメディアンの柳川朔さんは単身でアメリカに渡り、大成功を収めたとした日本人の一人です。

そこで気になるのは「柳川朔の大学はどこで、高校は桐朋高校?」「柳川朔は結婚しているの?」「プロフィールや経歴は?」ということではないでしょうか。

「単身でアメリカに渡るなんて無謀すぎる!」

「そもそもその語学力や知識はどうやって身に付けたの?」

それだけの成功者なのですから、気になることがたくさんありますよね。

また彼女はいるの?結婚しているの?なんてところも気になるところですよね。

 

そこで今回まとめた記事はこちらになります。

柳川朔の大学はどこ?高校は桐朋高校?

柳川朔が結婚しているとしたら相手はどんな人?

柳川朔のプロフィールとスゴイ経歴

柳川朔の大学はどこ?高校は桐朋高校?

さっそく柳川朔さんの出身大学を調べてみました。

梁川朔さんが通われた大学は「大阪大学」だそうです。

大阪大学は11学部、16研究科が入っている非常に大きな国立文理総合大学で、「地域に生き世界に伸びる」というグローバルな教育をモットーにしているといいます。

柳川朔さんは大阪大学の文化部に入学し、演劇そして音楽を主に専攻していました。

そんな名門の大阪大学に入学した柳川朔さんですので、アメリカに旅立つに値した語彙力や知識は兼ね備えていたのではないかと思います。

 

高校は、東京都の国立市にある桐朋高校に通われていました。

高校時代に野球部では主将を務めたとのことで、さらにリトルリーグの日本代表選手だったそうです!

とても才能あふれる方なのですね。

柳川朔は結婚してる?

ワイルドなひげが良く似合う顔立ちにも関わらず、少し鼻にかかったような声で観衆を魅了している柳川朔さんですが…

果たして結婚しているのでしょうか?

気になるところですよね?リサーチを重ねて調べました!!

 

結論として柳川朔さんの結婚に関する情報が一切ありませんでしたので、現時点では結婚はされていないのではないかと思います。

 

「結婚していないとしたら彼女はいるの?」という事で、柳川朔さんの彼女についても調べてみましたが、こちらに関しても情報がありませんでした。

しかし海外で活躍中の柳川朔さんなので、アメリカで彼女がいるかもしれないですね。

もしかしたら、いきなりアメリカの女優さんと結婚?!

なんてニュースも飛び込んでくるかもしれませんね!

柳川朔のプロフィールや経歴がスゴイ!

柳川朔さんのプロフィールと、アメリカでコメディアンになるまでのエピソードや経歴がすごいので、こちらでご紹介します。

柳川朔のプロフィール

名前:柳川朔(やながわさく)

生年月日:1992年5月20日

身長:179cm

職業:コメディアン、ライター

出身:奈良県

 

柳川朔がアメリカでコメディアンになるまでのエピソードと経歴

それは柳川朔さんの大学時代にさかのぼります。

プロ野球の選手になりたかったという柳川朔さんですが、ある時ケガでその夢を断念せざるを得なくなったそうです。

そんな時、大学在学時にある有名なテレビ番組と出会います。

所ジョージさんの番組「一億人の大質問?!笑ってコラえて!」です。

その番組で日本人のスタンダップコメディアンが特集されているのを見たのだそうです。

当時それを見てとても感化されてしまった柳川朔さん。

なんとテレビを見た翌日には渡米してしまったというから驚きです!

渡米してからは飲食店などを回り「皿洗いする代わりにショーに出させて!」など自ら交渉していったそうです。

野球で鍛えたハングリー精神で、スタンダップコメディーの才能の花を咲かせていったのですね!

スタンダップコメディーは、どちらかというとあまり日本人には馴染みのないショーですよね。

スタンダップコメディーは、社会で起きていることを用いて、皮肉を含めて笑いに変えていくというものです。

アメリカの方ではとてもポピュラーでメジャーなお笑い文化と言えるでしょう。

スタンダップコメディーぼ芸風を日本の芸人さんに例えて言うと、爆笑問題的な感じになるかと思います。

しかしボケやツッコミという役割はありません。

完全に一人でお客さんの前に立ってジョークを飛ばし、マイク一本で観衆を沸かせるというアメリカの芸風の一つです。

 

柳川朔さんが、そのアメリカならではのスタンダップコメディーに挑む態勢もとてもストイックなもの。

朝起きてから新聞8誌を読み込み、自分なりにかみ砕いていき時代のギリギリの所を狙っていくという柳川朔さん。

この努力は素晴らしく、まさに成功者の影に努力ありということですね!

まとめ

日本のメディアではあまりお見掛けしませんが、主にBS番組への出演が多く、ラジオやフェスティバルにも不定期で出演されているようです。

大きなケガで野球の道を断たれた柳川朔さん。

しかしそのことがなかったら、スタンダップコメディアンとしての柳川朔さんを見ることはできなかったのではないかな?と思います。

アメリカで単身でコメディーをやるというのは、私の想像以上にしんどいことがたくさんあったと思います。

そこで才能を発揮することが出来たのは、まぎれもなく柳川朔さんの培った実力ですし、努力の賜物ですよね。

もしかしたら今後はアメリカのみならず、日本でもお茶の間を沸かせてくれる日がくるかもしれませんね。

その日を楽しみに待ちましょう!