タレント・芸能人

井本彩花は双子で韓国のハーフ?演技が下手と言われている理由は?

9月5日から放送の仮面ライダーリバイスに、前田挙太郎さんの妹「五十嵐さくら役」で出演している井本彩花さん。

細くて美脚ということで話題になっていますが、そんな井本彩花に「双子説」「韓国とのハーフ説」が浮上しています。

また、「演技が下手だ」という意見もあるようですが、真相はどうなのでしょうか?

気になる情報をまとめていきたいと思います。

 

今回のポイント

井本彩花さんは双子で韓国のハーフなの?

井本彩花の演技が下手だと言われる理由は?

 

井本彩花のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

井本彩花(@imoto_ayaka_official)がシェアした投稿

 

誕生日:2003年1023日

星座:天秤座

血液型:A型

出身地:京都府

趣味、特技:クラシックバレエ

身長:163cm

スリーサイズ:B78、W59、H86

足のサイズ:23.5cm

 

さすが国民的美少女!と言ったスタイルには圧倒されます。

抜群のスタイルと美脚は小学1年生から習っているクラシックバレエにあったのですね!

ウエストは59cmと驚異のサイズとなっています。

体重は公表していませんが、井本彩花さんの細さから想像するに体重は40~42kg前後といったところではないでしょうか。

本当にうらやましいほどの細さです。

 

井本彩花は双子で韓国のハーフなのか?

井本彩花さんは双子で韓国のハーフなのではないか?という噂が立っています。

 

まず双子なのか?ということですが、井本彩花さんには弟さんが一人いるということで、双子であるという情報は一切ありませんんでした。

弟さんとは6歳も離れているということですし、双子ではないことがわかりますね。

なぜ双子疑惑が浮上したのかはわかりませんが、全くのデマ情報という事になります。

 

さらに韓国人のハーフなのか?という情報についても調べてみました。

こちらについても井本彩花さんが韓国人のハーフであるという事実はありませんでした。

おそらくスタイルの良さと、顔の雰囲気、ものすごい美脚という点から「韓国人」という発想に至ったため、韓国人のハーフ?という情報が出たのではないかと思われます。

井本彩花さんは双子ではありませんし、韓国人のハーフでもないということになります。

京都府出身の正真正銘の日本人の方です。

井本彩花の演技が下手だと言われる理由は?

井本彩花さんは演技が下手だと一部では言われているようです。

筆者が仮面ライダーリバイスを視聴した限りは、特に下手だという感想は抱かなかったため、なぜこのような意見が出ているのか調査してみました。

井本彩花さんの演技が下手と言われる理由は、米倉涼子さん主演ドラマ「ドクターX」に出演した際の演技が原因だったようです。

 

井本彩花さんは「ドクターX」に九重遥役で出演しました。

この時芸能界デビューしてから初の演技となりましたが、この時の演技が「棒だった」というのです。

それもそのはず。

この時の井本彩花さんは、まだ14歳です。

子役として演技をしてきた訳ではありませんし、デビューして間もないうちに抜擢されたのが米倉涼子さん主演のドラマです。

演技はまだまだ勉強中と言ったところでしたでしょうし、米倉涼子さん主演となれば緊張もすることでしょう。

その後「あなたには渡さない」「女子高生の無駄づかい」「麒麟がくる」など数々のドラマに出演してきた井本彩花さん。

今回の仮面ライダーリバイスでは、「演技が棒」と言われていた雰囲気は感じさせないくらい、自然な演技をしていると思います。

とはいえまだまだ17歳(2021年9月現在)の井本彩花さんです。

これから演技に磨きがかかってくるのは、間違いないでしょう。

まとめ

井本彩花さんが双子で韓国人のハーフ?という事について調べてみましたが、実際は京都府出身の純日本人であるという事がわかりました。

また井本彩花さんの演技については、初めてのドラマでの演技が原因で「演技が下手だ」と言われていたこともわかりました。

井本彩花さんの演技には、まだまだ伸びしろがあると思いますし、これからに期待したいという気持ちです。

仮面ライダーリバイスでの五十嵐さくら役での活躍に期待しましょう!